top of page

役員紹介

加藤倫卓.png
図1.png

評議員

 日下さと美

 戸田真弘

 上坂建太

 石川みづき

 森尾裕志

 松尾善美

 笠原酉介

 山元佐和子

 堀田一樹

 宮崎慎二郎

 猪熊正美

 鬼頭和也

 寺松寛明

 椿淳裕

 嶺井陽

 泉唯史

 濱崎伸明

 大浦啓輔

 中尾周平

 竹内雅史

 澁川武志

 横田純一

 松沢良太

 西川淳一
 曽田武史
 下雅意 崇亨
 小川真人

副理事長

社会保険対策委員会 委員長

順天堂大学保健医療学部理学療法学科

 高橋 哲也

学術活動を進めるうえでも診療報酬は重要です。

情報収集に努め、学会活動に役立つ情報を発信していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

​副理事長

財務委員会 委員長

理学療法標準化委員会 委員長

 加藤 倫卓

理学療法標準化委員会では、標準的な循環器理学療法評価の提供を目指して、急性期のみならず、回復期および生活期も含めた循環器理学療法に従事する理学療法士のための、必要最低限の臨床診療基準(ミニマムスタンダード)の作成を進めています。ミニマムスタンダードの作成は、循環器理学療法に関わる理学療法の質を担保し、あらゆるフェーズの対象者に対して標準的循環器理学療法評価の提供の一助になると考えられます。会員の皆さまのご協力をいただきながら、多くの方にご活用いただける基準を作成していきたいと思いますので、ご支援の程よろしくお願いいたします。

 

総務委員会 委員長

順天堂大学

 森沢 知之

総務委員会の委員長を拝命しました森沢知之です。

総務委員会は会員管理や学会の事務的作業など、学会運営が

円滑に進むようにサポートする役割があります。今後も本学会が円滑・健全に活動ができるように取り組んでまいります

ので、ご支援・ご協力の程よろしくお願いいたします。

学術集会委員会 委員長

順天堂大学

 齊藤 正和

学術集会委員会委員長を拝命いたしました順天堂大学の

齊藤正和と申します。

多くの学会員の皆様が参加したいと思える質の高い循環器

理学療法学会学術集会の開催に向け、学術集会委員会の

委員の先生方と協力しながら本事業に取り組んで参りたい

と思います。

日本循環器学会学術集会がより良いものになるために

会員の皆様のご支援を頂きながら学術集会の発展に尽力

して参ります。

引き続き、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

研究推進委員会 委員長

神戸大学 生命・医学系保健学域

 井澤 和大

井澤和大と申します。研究推進委員会委員長を拝命しました。研究推進、理学療法ガイドライン第2版の普及啓発、改定への取り組み、組織体制の構築など、各委員会・関連学会との連携を踏まえ、片野唆敏副委員長・委員の皆様とともに微力ながら、尽力する所存でございます。

本会の新たな発展のためにも、会員の皆様、お一人お一人の

お力が不可欠であります。小さな力でも、その蓄積により、

大きな力になる可能性があります。

何卒、よろしくお願い申し上げます。

機関誌編集委員会 委員長

藤田医科大学病院

 河野 裕治

機関誌編集委員会の委員長を拝命しました河野裕治と申し

ます。機関誌は本学会の“名刺”になるものであり、本邦の

循環器理学療法の質を作っていく役割があると思っており

ます。最近では国内外を含めて多くの雑誌がありますが、

より多くの会員の皆様に読んでいただけるように、いろいろ

企画も考えております。特に初めて論文を書く方にはサポートなども検討しております。皆様の研究成果の投稿をよろしく

お願い申し上げます。

教育委員会 委員長

豊橋創造大学保健医療学部

 飯田 有輝

教育委員会の委員長を拝命しました飯田有輝と申します。

循環器理学療法が社会のニーズに遍く応えるためには、当該

療法の研究推進のみならず、標準化と普及・啓発、そして

そこに携わる理学療法士の育成が重要です。委員会主催の

啓発活動とともに教育システムの構築を推し進めていきたい

と考えています。

​症例検討委員会 委員長

東京大学医学部附属病院

リハビリテーション部/循環器内科

 田屋 雅信

症例検討委員会の委員長を担当しています。

本委員会は教育委員会と同様にサテライトカンファレンスを

開催しています。症例検討サテライトカンファレンスでは、

様々なテーマの症例を通じて臨床能力を磨けるような企画を

考えております。また、症例報告の方法は論文も含め統一

されたフォーマットがなく、各施設ならびに個人によって

作成内容が様々ですので、本委員会において標準化された

作成方法が提案できることを目標としています。

​U40委員会 委員長

札幌医科大学附属病院

 片野 唆敏

この度、U40 委員会の委員長を拝命いたしました片野唆敏

と申します。

U40委員会では、学術大会における委員会企画の運営や、

臨床や研究に関する様々な情報発信を通して、若手理学療法士の活躍に繋げるための活動を行っております。

若手理学療法士は未来の循環器理学療法を担っており、学会の生命線とも言うべき大変重要な存在です。U40委員会では循環器理学療法の未来を担う若手理学療法士の育成を力強く進めてまいります。どうぞ宜しくお願いいたします。

レジストリー委員会 委員長

心臓血管研究所付属病院

 櫻田 弘治

レジストリ委員会の委員長を仰せつかっております櫻田弘治

と申します。現在、レジストリ委員会では主にJ-Proof HF

レジストリ(心不全患者のフレイル実態調査)の統括を行っております。おかげさまで、全国96施設が参加し登録症例数は

約10,000例で、まさに大規模なレジストリ研究となりました。さらに、レジストリ委員会の重要な役割はレジストリ

研究を通して全国施設間の横のつながりをつくることだと

考えております。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

広報委員会 委員長

信州大学医学部附属病院

 山本 周平

広報委員会の委員長を拝命しました山本周平と申します。

当学会では学術集会だけでなく、レジストリやサテライト

カンファレンスなど、皆様の学術活動や臨床に役立つ活動を

積極的に行っております。より多くの方々に活動状況を知っていただき、皆様に有益な情報を提供出来るように、これからもメルマガ、ホームページやSNSを積極的に活用した広報活動を展開していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

規約検討・利益相反委員会 委員長

 田畑 稔

 

 

顕彰・名誉会委員会 委員長

循環器病対策基本法委員会 委員長

日本医療大学

 近藤 和夫

引き続き理事を拝命いたしました近藤和夫です。

当学会では、循環器病対策基本法委員会と顕彰・名誉会員

選考委員会を担当させていただいております。循環器病対策

推進計画は、都道府県単位で行政と連携を計りながら循環器

理学療法の普及と拡大に向けた絶好のチャンスといえます。

全国の理学療法士が情報共有を行いながら活躍できるよう

努めたいと思います。また、前身の日本心血管理学療法を

含め、これまでの功績を称える制度づくりにも着手して

おります。どうぞよろしくお願いいたします。

 

ダイバーシティ推進委員会 委員長

東京大学医学部附属病院

 天尾 理恵

ダイバーシティー推進委員会 委員長を拝命いたしました、

天尾理恵と申します。

当委員会では、会員の皆さまが多様性に満ちた活躍をサポートできるよう活動を行なっております。皆さまからもご意見を

いただきつつ、新たな視点、切り口で学会活動を発展できる

よう、尽力して参ります。どうぞよろしく願いいたします。

 

監事

新東京病院

 内山 覚

監事を仰せつかっております内山覚です。

日本循環器理学療法学会が円滑に運営されるように尽力してまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

bottom of page